2019-02-05  某ばい菌部屋―ガラス張りシャワーユニットの悪夢―

楽天市場のお店で,見覚えのあるシャワーユニットを見つけました。(同じ商品ではないのだが,かなり似ている。)

https://item.rakuten.co.jp/salemarket/shower-unit9053w_003/

もう,10年も前の話なのかもしれません。(時の流れは「光陰矢のごとし」なのです。)

市内某ばい菌部屋が,新装開店したときの出来事なのです。ロッカー室に,ガラス張りのシャワーユニットがお目見えしました。新品ということもあり,とにかく綺麗でした。それに何と言ってもガラス張り,ロッカー室での挑発行為の一環として,私なんか好んで使用していました(漏れすぎ)。

(余談だが,シャワーユニットは上階にもう一基あり(こちらは樹脂製),店内に合計二基あった。)

ところが数か月後,ばい菌部屋にお邪魔してみたらガラス張りのシャワーユニットはなく,クリーム色の樹脂でできた(当たり障りのない)シャワーユニットに替わっていました。

たまたま店長がロッカー室にいたので,私は店長に聞いてみることにしました。店長は遠い目をしながら,「あのシャワーは,壊れたから棄てた」と答えました。

どうも壊れ方が悲惨だったらしい。水漏れ事故を起こし,店内が水浸しになってしまったそうです。

店長が言うには,悲しかったのは設備が壊れたことだけではなかったそうです。その日,お客さんは何人もいたのに,水が漏れていることをだれも教えてくれなかった。店長は,人の優しさに触れることができなかった悲しみに,酷く打ちのめされたそうです。(どこまで本当なのやら。)

さて,そのシャワーユニットには,レバー式の水栓が使われていました。

私は,レバー式水栓の使い方をいまいち分からないお客さんが,ガチャガチャ弄くっているうちに壊れたんじゃないかと思っているのですが,真相は不明。

はっきりしていることは,修理してまた使えるような壊れ方ではなかったということだけです。

水周りの設備を撤去して,防音用の「電話ボックス」として再利用できたんじゃないかなっていう気もしましたが(ばい菌部屋って店内に轟音のごとく音楽が鳴り響いているから,煩くて電話を掛けられないでしょう),何しろ店内は手狭で置き場所に苦労しますから,そんな悠長なことを言っていられなかったのでしょう。

余談ですが,店長は,「ワタシはあのシャワーボックスが憎くて憎くてたまらない」とは言っていませんでした。(最後の最後で意味不明)

»固定リンク

2019-02-03  誰得YouTube―Tenebrae予告編

Tenebrae (1982) - International Trailer [HD]
https://youtu.be/OkUpGi2N8wo

映画「Tenebrae」(日本での公開名は「シャドー」)の予告編を発見しました。映像の解像度は720pのため驚くほど鮮明。

巷の評価では,「音楽が合わない」(殺しの場面なのに楽しげな曲調である)だとか,「犯人の殺害の動機が説明されていない」などと,あまりよろしくないようです。

(犯行の動機ですが,何者かが向精神薬らしき錠剤を服用する場面がちょこちょこ出てきます。犯人は日ごろ紳士であるものの,薬を飲むと別人格の殺人鬼になるのでしょう。あるいは,反対に薬が切れると態度が豹変する。)

さて,私は,中年になってから,この手のサスペンス作品の楽しみ方を分かった気がします。

まず,作り手にとって,殺しの場面は,怖いものではなくて,愉快なものであり,楽しむべきものなのです。

作品の要は,「若くて美しい娘が恐怖におののく」「身ぐるみ剥がされ,悲鳴を上げながら逃げ惑う」「刃物で刺され,血しぶきを上げながら絶命する」といった殺しの場面であって,それ以外は殺しの場面をつなぐための糊代のようなものでしかありません。糊代に意味らしい意味は必要ないのです。

こう考えれば,軽快な音楽と共に,訳も分からず美女が次々と殺害されてゆくのは理にかなっていると言えます。それを楽しめないというのなら,最初から観なければよいのです。

»固定リンク