2016-05-26  弘田三枝子ナイト

あのミニ◎さんから「弘田三枝子ナイト」の情報が寄せられました。

http://www.oricon.co.jp/news/2071427/full/

なぜ,ミ◎ラさんがミコちゃんのイベント情報を知り得たのか,謎だと言えば謎なのですが,初夏の陽気に誘われて悪いデンパを受信したからだと仮定すれば,解けない謎はありません(いきなりふめいすぎ)。

さて,以下は公開メールなのです。

最近のミコちゃんの歌声なのですが,やはり加齢の影響なのでしょう。辛うじて声が出ているだけという状態で,じっくり聴き入るような品質ではありません。残念ながら。

そうは言っても,デビュー55周年らしいので,朽ち果てる姿もまた乙という領域に到達しているのかもしれません。

»固定リンク

2016-05-25  誰得YouTube―キラキラスターナイトDX―

キラキラスターナイトDX

なんと任天堂ファミリーコンピュータの新作ソフトだそうです。

任天堂のライセンスは取得していないらしく,いわゆる「海賊版」の扱いのようです。

グラフィックスや音楽がファミコンソフトとは思えない仕上がりとのことですが,肝心のゲーム性は良いのやら悪いのやら。

関係者の「冥土の土産」のために作ったソフトのようにも思えてしまいます。

マッハライダー

超解像処理により720pに変換した(らしい)マッハライダーのプレイ動画。

フォントが丸みを帯びており,意外と観られる映像に仕上がっております。

余談ですが,私このマッハライダーが結構好きだったのです。ちょっと不気味で寂しげな感じが気に入っておりました。

»固定リンク

2016-05-19  パパ出張レッスン―画面に張り付いて消せない―

某日の昼下がり,某パパから電話がございました。

なんでも,パソコンの画面に料金支払いの表示が張り付いてしまい,消せなくなってしまったそうです。私は,電話で話しても埒が明かないと思いました。夕方,ノマド・ワーキングの真似の帰りに,パパの自宅へ立ち寄ってみることにしました。

17時,パパの住むマンションの一室へお邪魔してきました。

部屋に上がり込んで,PCを見てみたのだが,いわゆるマルウェアに感染している状態に見えました。

PCを再起動してみると一見,怪しい挙動はしていないように見えました。ところが,再起動から1分ほど経つと,料金支払いの表示が現れました。

文面は,何月何日までに料金を払いなさいといった内容。

その表示が,ウィンドウなのかダイアログなのか,はたまた壁紙を動的に書き換えたものなのか,正体が何なのかは分かりませんでしたが,質の悪いものであることだけは確かでした。

私は,どうやって復旧させるか少し考えました。OSを再導入してしまえば完璧なのですが,時間が掛かりそうなのと,導入後の諸設定をやり直すのが面倒くさい。そこで,まずWindowsに標準で備わっている,「復元ポイント」機能で復旧を試みてみたら,不正な表示を消すことができました。これで作業完了とすることにしました。

たぶん,レジストリを過去のバージョンに戻したというだけで,マルウェアのデータというか,ファイルはPCのHDDに残ったままなのでしょう。でも,触らなければ害はないはずです。触らなければの話ですが(なぞ)。

さて,パパに何をしてマルウェアに感染したのか尋ねてみました。

インターネットからダウンロードしたファイルを開いたら感染したそうです。実際のところ何をしてしまったのか,今さら知る術はありません。

»固定リンク

2016-05-09  市内ばい菌部屋新装開店

連休中,市内某ばい菌部屋を調査してきました。

招待券を入手

3週間前,某飲み屋さんでの出来事です。

ママと雑談していると,最近の市内ばい菌部屋事情の話になりました。

私は,「ああいう店には,ほとんど行かなくなりました。私たちの年代が遊べる店がないみたいだし」といった話をしていました。

するとママは,「あら,偶然ね。今日ね,新しいお店のチラシがポストに入っていたのよ」と言って,5月の連休中に開店するらしいお店のチラシを見せてくれました。

さらに,ママは,「あなたに招待券をあげるから,行ってみたら?」と言って,私に招待券を手渡しました。どうやら,お店のポストには,複数枚のチラシと一緒に,1枚だけ招待券が入っていたらしい。受付で招待券を提示すると,無料でばい菌部屋に入場できるのだそうです。

当日

某日,その日はばい菌部屋の開店日でした。朝から強風が吹き荒れ,天気の良くない日でした。

23時すぎ,某スポーツクラブで筋トレの真似を終えてから,ばい菌部屋を調査してみることにしました。本当は,直前まで行くか行かないか,決め兼ねていたのです。雨が降ったら止めておこうと思って。

招待券をスポーツバッグに忍ばせておいて,都合が良ければ行くことにしていたわけですが,幸い風が強いだけで雨が降る気配はありませんでした。

某スポーツクラブとばい菌部の距離は,さほど離れてなくて,数分も歩くと到着してしまいました。

私がばい菌部屋に入ろうとするや否や,短髪むっちり体型の三人組が出てきました。よくありがちな量産型の虹色業界人でした。私はすぐに,「この人たちも調査員かしら?お勤めご苦労様ね」と思いました。

受付で招待券を出すとまんまと潜入。

左手の指で靴を摘まんで,ロッカーにたどり着いたら,どういうわけか某お風呂の大蔵タンと遭遇しました。(過去にお話しした言葉足らずな人。)

大蔵タンは,ひと仕事終えた後だったそうです。そう言い残すと,シャワーボックスの中へと消えていきました。

着替えを済ませたら,ちょうど大蔵タンがシャワーから出てきたもので,「ちょっとアンタ,店の中を案内しなさいよ」と言って,大蔵タンに案内させてしまいました。

そのばい菌部屋は,小規模型でございまして,最大収容人数は10人程度のように見えました。個室にマットレスが敷かれているだけで,これといった変わった設備はなし。

大蔵タンは,「2階もあるんだよ」と教えてくれました。一緒に階段を上ると,その先は入り組んだ長い廊下でした。途中,喫煙所があり,奥には大部屋がございました。

大部屋には二人の少女(172x67x45,166x59x41)が待機していましたが,売れ行きは芳しくないように見えました。

一通り調査が済んだので,私は帰ることにしました。大蔵タンも終電前に帰ると言うので,二人でお店を出ることにしました。

「私が入店しようとしたときに遭遇した三人組も,いまの私たちと似たような状況だったのかしら」と思ったら,笑いが込み上げてきました。

事後報告

翌日,某飲み屋さんへ行ってきました。

ばい菌部屋を見に行ったことを話すと,ママと店子さんから,「招待券の有効期限は5月末なんだから,そんなに急いで行かなくても良かったのに」と言われてしまいました。

私は,3日も過ぎたら,あの店の情報の価値なんか消え失せてしまうと思ったのです。

さらに,店子さんから耳元で,「楽しんでいただけたのかしら?」と尋ねられました。私は,「見学してすぐ帰りました。『タダより高いものはない』って言いますもの」とお答えしました。

仮に,もし私が無茶をして,何らかの病気を患ったとしたら,どうなると思いますか。ママが,私に招待券を渡したのが事の発端ということになりますよね。そうなると,ママの面目を潰すことになるのです。

だから,見学してさっさと帰るのが正解なのです。

»固定リンク »104.ばい菌部屋

2016-05-01  スポーツクラブの人々―2016年春―

スポーツクラブBに通い始めて,1か月が過ぎました。スポーツクラブBで遭遇した人々の話を少々。

ラーメンマンさん

35歳くらい,やや長身。くせ毛の男性です。髪の毛がラーメンみたいに縮れているので,私はこの人をラーメンマンと呼んでいます。

ラーメンマンさんには,10年ほど前に場末のお風呂で遭遇したことがあります。まさか,こんな場所で再会するとは夢にも思いませんでした。主に,スタジオレッスンに参加しているらしく,ほかにはストレッチエリアでよくお見かけします。

ラーメンマンさんは,閉店間際のサウナをいつも陣取っています。

私も,閉店間際のサウナを何度か調査してみましたが,この人がいるせいなのか,この人がいてもいなくても変わらないのか分かりませんが,ほかに虹色業界人の姿を目撃したことはありません。

熊と熊の飼い主

ほぼ毎日,フリーウェイトのコーナーに現れる40代熊と,同じく40代の飼い主らしき男性の二人組。

日本住血吸虫かのようにいつも一緒にいます。仲良くトレーニングするのは,良いことなのですが,四六時中べったりなのです。どうにも異様な感じに見えてしまうのです。

しかもね,トレーニング中だけではなくて,お風呂でもほとんど別行動をしないのですよ。一体,どうなっているのでしょう。ゆえに日本住血吸虫みたいだって言っているわけですが(なぞ)。

飼い主は,熊に悪い虫が付かないように,熊から目を離せないんだと思います。その悪い虫って,私みたいな人間のことなんですけどね(ヨコ漏れ)。

何しろ,熊や小熊は,●欲がすごいですからね。ちょっと目を話すと,あっちでトントン,こっちでカンカンという事態になりかねませんから,いつも付き添って監視していないといけないのでしょう。

この人たちって,日ごろの接触が濃厚なんだと思うんですよね。一心同体,運命共同体の類。外部から毒が持ち込まれたら,致命傷になるから,飼い主はかなり神経質になっているのかもしれません。

長渕剛似の小熊

40代半ば,顔は長渕剛似,体は小熊。

この人,10年以上髪型が一緒なのよね。後頭部を突き出したよなソフトモヒカン。かなり特徴のある髪型なので(いまどきそんな髪型している人いないとも言う),後ろ姿を見ただけで,「あっ,あの小熊だ(びっくりマーク)」って気づきました。

ただね,この小熊,ふてぶてしいのです。性格がかなり難ありで,私,あんまり好きじゃないのよね。

「粗○○のくせに,よくこういう場所に来られるね。生きていて恥ずかしいと思ったことないの?」って何度,罵倒してやろうかと思ったことか(ふめいすぎ)。

おやおや,私にしては珍しく心が乱れてきましたね。

日を改めまして,スポーツクラブBの設備面の話をしましょう。ではまた。

»固定リンク