2017-05-22  エイズ検査2017―目から感染するか聞いてきました―

先週,市内保健所でHIV抗体検査の結果を聞いてきました。今回も陰性でした。

私ね,もし陽性だったら,調査員を廃業しなきゃいけないと思っているんですよね。どこに廃業届を出すのか知りませんけど。さっさと隠居した方が身のためだと思うのです。

目から感染するか聞いてきました

さて,本題です。

担当のお姉さんから検査結果を聞くときに,少しお話する機会があります。今回は,「目」から感染するか聞いてきました。目も粘膜なのです。

残念ながら,データがないので答えられないとのこと。感染経路として事例を聞いたことがないそうですが,調べていないだけで,あるともないとも何とも言えないと。

状況によっては,「ちょっと目に入っちゃった」なんてことはありえそうなのですが,それがどれだけ危険な行為なのか分からず終いでした。

»固定リンク

2017-05-20  ドローン・シミュレータ―中年男性と芽生えた友情―

数か月前の出来事です。

ドローン・シミュレータ

市内某家電量販店に,ドローン売り場がお目見えしました。主にDJI社製のドローンを取り扱っているのだが,ドローンの現物以外にも,PC上で動作するドローン・シミュレータソフトも展示されています。

ドローンの操縦をPC上で練習できるというわけ。操縦には,本物のドローンに使う「プロポ」と同型のUSB接続のコントローラを使います。

お恥ずかしながら私,一時期このドローン・シミュレータにハマりまして,お昼ごはんを食べた帰りに,たびたび通ってドローンの操縦を練習しておりました。

総練習時間が20分を超えたあたりから,だいぶ操縦がうまくなりました。最初は,全然操れなかったけれど,だんだんと思い通りにドローンを飛ばすことができるようになったのです。

中年男性と芽生えた友情

さて,そうやって,ドローン・シミュレータでドローンの操縦を楽しんでいたある日のこと,50代前半の中年男性が私に話し掛けてきました。「面白いですか」って。

私は,「ボクも遊びたい」って意味だなとすぐ気付いたので,プロポを中年男性に手渡しました。「プロポにあるRESETボタンを押すと始まりますよ」という具合に少し操作方法を説明してから,中年男性の操作を見守ることになったのです。

中年男性は,ドローン・シミュレータの操作が初めてだったらしく,ドローンを浮上させることすらままならないご様子。PCのモニタの前で,墜落するドローンを見ながら,「あー」とか「わー」とか言っていたわけです。

まさに学童期に,近所のお友達と外遊びしていたときと同じ感覚。私は,中年男性との間に芽生えた友情のようなものを懐かしく感じておりました。

もちろん,そんな甘い余韻に長く浸っているわけにも行きませんので,その後さっさと帰りましたけれどね。

»固定リンク

2017-05-14  Microsoft Surface RT―死に至る病―

たびたびお話ししておりますが,Microsoft Surface RT(初代32GBモデル,Windows 8.1 RT)のSSD空き容量が,0.5GBを割りそうです。

たびたびお話ししておりますが,私がSSDにファイルをどかどか置いているから容量不足に陥っているのではありません。Windows Updateを含むOSが自動生成するファイルが,記憶装置の容量を圧迫しているのです。「ディスクのクリーンアップ」をすると一時的に容量不足が解消するものの,数日後にはまたじわじわと減り始める有様。

この切迫した状況,「死に至る病」を患っているとしか言いようがありません。私は,「空き容量がゼロになったら,どういう動作不良に見舞われるんだろう」って密かに楽しみにしているのですが(なぞ)。

さて,なんでもいま各社でWindows 10S搭載の廉価機を準備中だそうです。発売されたら乗り換えるかもしれません。Windows 10Sは,教育機関向けの機能制限を施したWindows 10らしいのですが,Windows 8/8.1 RTからの乗り換えなら違和感ないはず。

私,みんなが使っているような端末には,興味ないみたいなのよね(普段,自覚しているわけではないが,過去の「選択」を振り返ってみると,そう考えているとしか思えない)。不出来でも,ちょっと変わったやつを使いたいみたいなの。

»固定リンク

2017-05-09  ヴァーチャルY兄貴の新装開店報告

おっす,ヴァーチャルY兄貴だ。今日は,俺が考えた架空のヤリ部屋を紹介するぜ。名前は決めてない。この店に招待するのは,おまえが最初で最後だからな。ほかの奴らには内緒だぞ。オラオラ。

概要

30坪の敷地に収まることを目標に作ってみたが,30坪を若干オーバーしているな。細かいことを気にされても困るぜ。何しろ架空の物件だからな。延べ床面積は30坪以下に収まっているから,それで勘弁してくれ。


建物外観

まず建物の正面から,反時計回りにグルっと一周してみるぞ。中身が見えるように,外壁は取り除いてある。現実には,壁のない建物なんて建ちようがないわけだが,何しろコンピュータ・グラフィックスだからな。好きなように見ることができる。






お部屋拝見

それじゃ,正面玄関から建物の中に入ってみるぜ。

出入口は,ヤリ部屋にありがちな無地の金属製のドアにしてみた。あれが,日本全国共通なのか万国共通のものなのか,どこの店が最初に始めたものなのか俺は知らない。だれがどう見ても勝手口であって,玄関には見えないよな。部外者が間違えて入らないようにするための工夫だったのかもしれない。

玄関のドアを開けてみると‥‥おっと先客がいたぜ。こいつは,部屋の広さや廊下の幅を見るために置いておく人型のパーツなわけだが,後ろ姿だけで正面の顔はない。

受付「1500円です」

1500円か?それじゃ2千円出しておくぜ。釣りはいらねーから,兄ちゃんにやるよ。砂糖水でも買って飲んでくれ。釣りって言っても,たった500円だけどな(ワッハッハッハ)。

だいたいよ,店のオーナーのはずの俺が,なんで入店に金払わなきゃいけねーんだよ(笑)。でもよ,受付の場面を飛ばすと段取りとして変になるよな?だから,仕方がねーんだ。

受付「ロッカー3番をご利用ください」

店によっては,渡されるロッカーの鍵番号に暗号というか,ちょっとした意味があるのだが,この店にそういう秘密ごとはない。

玄関の真正面にあるドアを開けると,すぐロッカー室だ。ロッカー室は廊下を兼ねており,廊下らしい廊下は存在しない。

ロッカーは,向か合わせに合計10台(10人分)が設置されている。普通の店で10台じゃ少なすぎるだろ?本当は,小ぶりのロッカーを30人分くらい置きたかったのだが,パーツがなかったんだな。

まあ,この店(ハコ)には30人も入れないわけだが,ロッカーは鍵が壊れて開け閉めできなくなったり,鍵そのものが盗まれたり,問題が起きがちだからすべてが稼働するわけじゃない。余裕が必要だ。

ロッカーで着替えを済ませたら,つぎにしておかなければならないことは何だ?それは小用だ。べつに,小でも大でも中でも,何を出しても構わないわけだが。

便所は,反対側ロッカーの隅っこにあるぜ。開けてみるぞ。

至って普通の便所であり,広さもそれなりに確保してある。ヤリ部屋の便所には,直腸洗浄機能で定評のあるINAXの製品を使うのが定石らしい。

諸先輩方の見つけた知識を尊重して,INAXの便器を置いてみたぞ。チラっとしか写ってねーけどな。

小便を済ませたら,つぎはシャワーだ。シャワーはロッカー室のさらに奥。

喫煙室,洗面所,シャワーは隣接していて,シャワー待ちのときは喫煙室のベンチに座って待つことができる。たまに,長々とシャワー浴びる奴いるんだよな。さっさと済ませりゃいいのに。

棚には,手荷物,飲み掛けのペットボトルや煙草の箱を置いてくれ。

シャワーは,半畳サイズのシャワーボックスだ。よく見かけるタイプ。ここにちょっとした拘りがある。それは蛇口。至ってオーソドックスな回すタイプの蛇口を選ぶのが無難なんだな。下手にデザイン性の高い蛇口を選ぶと,すぐに壊される。

たとえば,レバー式の蛇口ってあるだろ?あれ,押すのか引くのか回すのか慣れないと分かんないんだよね。不特定多数の人間が使う物は,兎にも角にも単純明快なことが大事なんだ。

シャワー左隣りに小部屋のドアがあるのだが,これが何かというと‥‥。

洗濯機を置いてある。店の備品を勝手に触ってイタズラする輩がいると困るからな。ちょっと隠してある。

現実のヤリ部屋で,タオルの洗濯と乾燥をどうしているのかちょっとした関心事。極狭店舗では,タオルの洗濯を外注するくらいである。外注の方が簡単だし清潔に仕上がりそうだが,タオルの洗濯代は,1枚50円するって聞いたことがある。これが高いのか安いのか,よく分かんない。

おい,ちゃんと足拭いたか?いよいよ2階に上がるぞ。階段は,ロッカー室出入口の隣だ。

階段は狭いかな。普通の階段。太目の人間同士だと,すれ違えないのが難点かもな。

2階は,大部屋と小部屋のふた部屋。こちらは大部屋の方。暗くてよく見えないって?客の8割は,暗くないと困る奴らだぞ(笑い)。目が慣れれば見えるようになるかって?CGだからいつまで経っても見えないままだぞ。

大部屋には布団が敷かれているが,布団の数は4枚のみである。スポーツジムで見掛けるエアロマットや厚手のヨガマットのようなものを敷き詰めたかったのだが,パーツが見当たらなかった。部屋の広さは16畳あるので,工夫すれば相応の人数を裁けるはず。

何?いまのご時世,大部屋に布団敷いただけのヤリ部屋なんてないだろう?って?どこも個室だろうって?これは,ファンタジーなんだよ。ファンタジー。オラオラ・ファンタジー。ぜんぶ作り物の世界なのっ。

気を取り直して,こちらは小部屋の入り口。

小部屋には,シャワー,便所があり,ベンチも向かい合わせに二組置いてある。1階喫煙室の簡易版といった感じだ。

大部屋に戻ってふて寝することにするぜー。なんだよ,今日は大人しい奴ばかりだな。ノリ悪りーな。オラオラ(ため息交じり)。

―翌朝

店員「お客さん,閉店の時間になりましたよ。起きてください」

おっと,ちょっとだけ寝るつもりが,寝過ごしたようだな。

こうやって,みんなヤリ部屋で無駄に時間を使って,人生を浪費しているんだろうな。消費者金融のテレビコマーシャルで,「ご利用は計画的に」って注意書きが出てくるが,あれは秀逸だな。だれが考えたか知らないが,肝に銘じておきたい言葉だぜ。マジで。オラオラっ。

番外編

1階受付兼事務室。こちらは未知の世界。狭いものなのか広いものなのか普段,客として利用している限り,知る由もない。とりあえず,4畳半と物置1畳にしてみた。現実には,従業員が住み込みで働いているような店では,衣食住が賄えるくらいの広さだと推測される。

最後になるが,このCGの品質ならちょっとしたRPGゲームが作れそうじゃねーか?幻のゲーム,「48会館」の実現に一歩近づいたかもな。

»固定リンク

2017-05-09  PCソフト「3Dマイホームデザーナー12」

5月上旬,市内ヨドバシカメラでメガソフトの「マイホームデザーナー12」を購入しました。価格は,8480円(税込)

http://www.megasoft.co.jp/3dmyhome12/

このソフトは,名前のとおり,個人が住む家をデザインするために使います。また,既存住居のリフォームや,家具の入れ替えといった用途にも利用可能。

私には,家を買ったりリフォームしたりといった用事があったわけではありません。1か月前,店頭でこのソフトが目に留まって,怪しいトキメキを感じたのです。私がモノを買うときは,いつもトキメキがないとダメなのです(なぞ)。

でも,そのとき衝動買いはしなかったのですよ。しばらく考えてみて,それでも試してみる価値ありと踏んだため,購入に至りました。個人的にPCのパッケージソフト市場を,細やかながらも支えていきたいという思いから,気になったソフトは買うようにしているというのも理由のひとつです。本当に。

感想

1週間ちょっと使ってみた感想ですが,かなり面白くて気に入っています。価格以上の価値ありと感じました。

ちょっとしたパズルゲームの要素があるんですよね。

たとえば,2階建ての家では,1階への配水管の位置を考えると,2階トイレの位置はおのずと決まってくるのです。1階と2階で,壁や窓の位置や広さを工夫しないと,耐震性が悪くなるというのも面白い。

見た目と機能性のバランスの均衡を探るのが,私が面白く感じる理由なのかもしれません。

作例

というわけで,架空のばい菌部屋を作ってみました。外観は2階建て住宅です。

詳しくは後日,仮想人物の「ヴァーチャルY兄貴」に特別に解説してもらうことにしましょう。

»固定リンク

2017-05-04  某スポーツクラブ―バイアグラ夫人,昼下りの商い―

数日前,3月から22時に寝る生活を始めた,というお話をしました。

それと呼応して,日々のスポーツクラブ通いも夜の時間帯から昼の時間帯に変わりました。

昼のスポーツクラブは,パパたちの社交の場です。この人たち,動きが鈍すぎたり,マシンに座って寝ているんじゃないかって思うくらい長い時間休んでいたり,もう邪魔で邪魔で‥‥今日はそういう話ではないのです。

源さんと修さん

源さんと修さん(ゲンさんとシュウさん)は,二人とも65歳くらい。二人とも政治家の森喜朗に似ています。私の脳では,二人の顔を正確に区別できません。似たような顔に見えてしまうんですよね。

源さんは,色白で修さんよりも恰幅が良いです。修さんは全身を日焼けしています。だから,「白」か「黒」かで見分けるようにしています。

源さんと修さんは,とても仲良しです。いつもサウナや水風呂で談話しています。

クスリ持ってきたよ

ある日,私が筋トレの真似を終えて,お風呂に入ろうと準備していたときの出来事です。

浴室前の脱衣所にて,源さんと修さんがこれからお風呂に入ろうとしていたのですが,源さんの方が先に浴室に入ってしまいました。

そのときです。修さんが,「源さん,源さん,クスリ持ってきたよ。棚に置いておくからね」と言ったのです。修さんは,脱衣所の棚にひょいと紙袋を置くと,浴室の扉を開けて浴室に入って行きました。

私は,「クスリ?何かしら?」と思いながら浴室に入り,シャワーを浴びることにしました。

バイアグラ夫人,昼下りの商い

源さんと修さんは,かなりの長風呂です。サウナと水風呂を何度も往復するのが日課のようです。

私が風呂から出たとき,まだ二人の姿は脱衣所にありませんでした。私は,体を拭きながら,さっきの紙袋が何なのか確かめてみることにしました。

それは,某調剤薬局の袋でした。どうやら,修さんは,源さんの買えない薬を代わりに買って,源さんに手渡そうとしていたらしいのです。程度の差こそあれ医薬品医療機器法違反,立派な犯罪行為です。

さて,中高年がこっそり手に入れたい薬といえば,バイアグラに代表される勃起不全治療薬しか考えられません。(なのか?)

私は,源さんのことを「バイアグラ夫人」と心の中で呼ぶことにしました。

その日から,源さんをお風呂でお見かけするたびに,「この人,私から『バイアグラ夫人』なんて変な名前で呼ばれているって知ったら,どう思うんだろう」と考えてしまうようになりました。私の悩みごとが,ひとつ増えてしまいました。

(どこまで本当なのやら。)

»固定リンク

2017-05-03  GU(ジーユー)の安い靴

某日,市内GU(ジーユー)で安い靴を買ってみました。バナナの短冊とでも言うのか,宙吊りになって売られているやつです。

「ちゃんと履けるものなのか」という意味で以前から興味があったのと,真っ白い靴を持っていなかったので一品,調達してみることにしました。

<画像の説明>写真で見ると学童が履きがちな綿のスニーカーに見えてしまいますが,いちおうレザー調の生地です。

<画像の説明>お値段は1,990円(税別)です。大きさが0.5cm刻みではなくて,1cm刻みなので要注意かもしれません。選ばれし者だけが履けます(なぞ)。

履いてみた感想ですが,価格相応の安っぽさがあり恥ずかしいものの,ちゃんと履ける靴です。夜道であれば,安物だって気づかれないのかもしれません。

強度が心配だったのですが,長距離を歩かなければ大丈夫な気がしました。今後,歩いていて靴が崩壊するような笑い話があればご報告しましょう。

»固定リンク